無店舗型の利点 | コスプレモデルやAV女優で働いてみませんか?

無店舗型の利点

ポーズをとる女性

デリヘルもホテヘルも風俗である。そして共通点はそれだけではない。

デリヘルもホテヘルも、無店舗型の風俗に属している。無店舗型というのは、文字通り、店舗がないということだ。
風俗にとっての店舗とは、そのままサービスをするための場所を意味している。受付と、サービスを行う個室がセットになった建物のことを指す。
無店舗型があるのならば、当然店舗型の風俗もある。ファッションヘルスやソープなどがそれに該当する。
一方で無店舗型なのは、基本的にデリヘルとホテヘルだけだ。

では、店舗がなければどこでサービスを行うのかと言えば、デリヘルの場合は男性客の自宅で行う場合もある。ホテヘルの場合はラブホテルが中心だ。
つまり、店舗以外の場所でサービスを行うため、店舗が不要なのである。受付はインターネットサイトか、ホテヘルの場合は受付だけを担当する小店舗があるため、個室を伴う店舗を用意する必要がない。

店舗が不要だという条件は、風俗経営者側にとっても利用者側にとっても、そしてそこで働く女性従業員にとってもプラスに働いている。
経営者は店舗を用意する必要がないため最小限の費用で経営を始めることができる。
利用者は自宅その他ラブホテルなどの場所に女性を呼ぶことで、好きな場所で好きな時間に性サービスを利用することができる。
そして女性従業員の場合、風俗店まで毎日出勤する必要がないため通勤の手間が省け、自分の働きたい時間に働きたいだけ働くことができるようになった。